2017年08月01日(火) | 活動予定(卒業生団体)

金原亭伯楽さん、5作目の小説を発表(落語研究会OB会)

金原亭伯楽さん、5作目の小説を発表(落語研究会OB会)
 
 法政落研OBで、新規学卒第1号の噺家である金原亭伯楽師匠が、「落語小説・柳田格之進」を本阿弥書店から上梓しました。伯楽さんはこれまでに、「小説・落語協団騒動記」、「小説・古今亭志ん朝」、「落語小説・江島屋」、「落語小説・宮戸川」を同書店から発表しており、「落語小説・柳田格之進」は第5作目の作品です。中でも、昭和53年に実際に起きた落語協会の分裂劇を題材にした「落語協団騒動記」は版を重ねて既に12刷、発行部数14,000を超えるベストセラーになっています。
 今回発表した第5作は、古典落語「柳田格之進」を題材にして、前2作の落語小説にも登場した忍者・彦丸が活躍する痛快時代劇であり、新感覚の落語時代小説です。作品は約270頁で読み応えがありますが、落語「柳田格之進」のストーリーと、江戸時代の人々の営み等を興味深く知ることができます。
ぜひご一読下さい。「落語小説・柳田格之進」(税別:1389円)は書店で購入できますが、伯楽さんに購入を申し込むと、写真のような伯楽さん直筆のサインが入った本を入手できます。購入ご希望の方は伯楽さん(☎ 03-3981-6061)までご連絡下さい。
 ところで、昨年は伯楽師匠の賛助出演もあって好評を博した「若手落語会」を、今年は12月2日(土)に昨年に続き浅草の「大黒家天麩羅」店別館4階の「大黒家倶楽部」で開催します。今年は3回目の開催で、出演者はいずれも法政落研OBの、初音家左吉、柳家小かじ、桃月庵はまぐり、三遊亭けん玉の各落語家、開演は午後4時30分を予定しています。入場料は1500円です。ぜひお出かけ下さい。
お問い合わせは落語研究会OB会の道城(どうじょう ☎042-562-8067)までお願いします。
 
(落語研究会OB会会長 道城猛史)

インフォメーション一覧へ

TOPへ