2017年09月02日(土) | 活動報告(地域支部)

茨城県校友会茨城県南法友会定期総会を開催
H29年度定期総会を9月2日(土)に土浦市のL'AUBE霞ヶ浦にて校友会本部から鷲津部会長他、多くのご来賓のご臨席を賜り総勢44人で開催いたしました。

   平成29年度定期総会を9月2日(土)に土浦市の「L’AUBE霞ケ浦」にて、(社)法政大学校友会本部から鷲津組織部会長他、多くのご来賓のご臨席を賜り総勢44人開催いたしました。
   総会は、物故者への黙祷、江戸幹事長の開会挨拶、そして平野会長の主催者挨拶、伊藤事務局次長の校友憲章朗読と続き、議事は、「役員で幹事新任の提案」、平野会長より、茨城県の終身会員が84人 (当県南エリアは半数以上の44人) となり茨城県から代表議員を2人選出していることなど「終身会員登録状況の報告」、そして事務局から事業報告で締めくくられ、議事の後は、来賓の鷲津組織部会長、茨城県校友会会長で水戸法友会木村会長、後援会茨城県支部塩野支部長からご祝辞をいただき、大和田副会長の閉会の辞で閉幕しました。続く懇親会は、昨年に引き続き小河原先輩(31年卒)の乾杯のご挨拶で開会。今年も31会(31年卒業)の大先輩方おそろいでご出席くださり、当会を支え歴史を作ってきていただいた先輩方のお元気なお姿を拝見し、とてもうれしく思います。懇親会は、急な指名にもかかわらず伊藤事務局次長の笑いあり、気合ありのエールと校歌熱唱で締めくくられ、来年の再会、大学、後援会、県内各地域法友会の交流を誓い合い閉会となりました。
   今年は、新しい役員に佐久先輩(S53経済卒)の頼もしい先輩をお迎えすることができ、少しずつではありますが、組織作りも進んできました。多くの卒業生を輩出する茨城県の校友組織を先輩方と支えていけたらと思います。
   懇親会が散会になり、もう少し先輩方との交流をしたい気持ち、後ろ髪を引かれつつ帰宅の途へ。先輩方の母校への思いを次の世代へと伝えることが私にできるのだろか?そんな気持ちになったときは、そうだ、校歌を歌ってみよう。 

  (事務局長緑川陽一 H3工学部卒)

インフォメーション一覧へ

TOPへ