2018年05月12日(土) | 活動報告(地域支部)

川越法友会 平成30年度総会報告

川越法友会 平成30年度総会報告
 
 新緑まばゆい5月12日(土)18時より、埼玉県川越市にあるラ・ボア・ラクテにて、川越法友会の平成30年度総会が開催されました。出席者は25名でした。そのうち、来賓として埼玉県校友会会長の大井巳喜彦様と、同事務局長の石田博様が同席されました。
 金子正之会長の議事進行のもと、藤田明義幹事長より平成29年度事業報告と決算が、続いて倉嶋美恵子監査より同監査報告がありました。そして引き続き藤田明義幹事長より平成30年度事業計画と同予算について説明があり、予定していた議案は全て満場一致で承認となりました。
 今年度の事業としては、5月27日に六大学野球応援(対明治大学戦2回戦)、9月30日には毎年川越で開催される大学ビッグバンドジャズフェスティバルの鑑賞&学生との交流会を実施することとなりました。そして、10月の川越まつりには、吉崎秀夫顧問が経営する飲食店(吉寅)が、卒業生限定の特別サービスを提供するとの紹介もありました。
 続いて江口實副会長による乾杯のご発声により開宴。歓談の輪が広がる中、恒例の全出席者持ち回りによる「近況報告スピーチ」を行いました。マイクを握る人それぞれに万感の思いがこもっていたせいでしょうか、終始「押し迫る時間との闘い」が繰り広げられました(笑)。そのような中、今回初参加の作家・境野博様からは自己紹介の傍ら自身の著作について紹介があり、川越法友会に新たな風を吹き込みました。
 名残惜しい雰囲気が残りつつ、肩を組んでの校歌と応援歌・若き日の誇りでお開きとなりました。
                                (藤田明義)




インフォメーション一覧へ

TOPへ