2018年05月12日(土) | 活動報告(地域支部)

山梨県校友会総会

総勢45人が出席し、総会を開く
会の発展に尽力した 功労者5人を表彰
 
 平成30年5月12日ホテルニュー芙蓉において、山梨県校友会の総会が開催されました。
 来賓として桑野秀光校友会会長、小針久神奈川県校友会会長、大石勝巳静岡県校友会会長、大学より浅野広人入試センター次長、勝俣吉通入試センター職員、後援会より雨宮剛山梨県支部長をお迎えして、総勢45人の出席のもと開催されました。
 坂本敦副会長の司会で、安部孝司副会長の開会の言葉で始まり、樋泉会長の挨拶のあと議事が進行。平成29年度事業報告、会計報告、および野沢俊英監事による監査報告がなされました。その後、新役員の就任が了承され、永年にわたり山梨県校友会の発展に対しご尽力下さいました方々の表彰式を行いました。その方々は菊島兵護さん、輿石真幸さん、中川定則さん、植松宏さん、小泉勝夫さんの5人です。 閉会の言葉を流石力雄幹事長が行い、総会は終了しました。その後、全員で記念撮影を行い、会場を移して懇親会を開催。山上真史事務局長の司会のもとベスティ杉山先生の門下生によるハワイのフラダンスショーを観賞しながら、宴はさらに盛り上がりました。続いて参事の藤巻正晴 さんがソングリーダーとなり、幹事の木戸口昭夫 さんのハーモニカ伴奏で肩を組み、声高らかに校歌を斉唱。続いて赤池文哉参事の音頭による万歳三唱、最後に内藤秀明副幹事長の閉会挨拶で締め、なごりを惜しみながら会を閉じました。
(会長 樋泉智男 記)

インフォメーション一覧へ

TOPへ