2018年09月14日(金) | 活動報告(地域支部)

平成30年8月18日(土)、富山市のANAクラウンプラザホテル富山において、「オール法政夏の集いin富山」を開催

平成30年8月18日(土)、富山市のANAクラウンプラザホテル富山において、
「オール法政夏の集いin富山」が開催した。
 
 この夏の集いは、オール法政の力を結集し、法政の名を高めるために、平成26年から後援会富山県支部と共催で公開講演会と懇親会を行った。
 
 総会では、平成29年度事業報告・収支決算並びに、「設立70周年記念誌」の作成などを盛り込んだ平成30年度事業計画と収支予算、役員の選任が審議され、いずれも全会一致で承認された。役員については、松井幹夫会長(S39法卒)、山地清会長代行・副会長(S47経営卒)ら多くが再任されたが、今回新たに、副会長として前田隆夫氏(S49法卒)、角井真弓さん(S56文卒)らが、幹事長に鈴木明彦氏(S61工卒)、副幹事長に木村宏氏(S58経営卒)が選任された。
 
 総会に引き続いて行われた公開講演会には、講師に法政大学法学部教授の萩谷順氏を招いた。「日本再生の道~やさしい経済学」の演題で、校友会員・後援会員はもとより多くの一般聴講者も詰めかけ、約200人が耳を傾けた。
 
 引き続いて行われた懇親会は、法政大学から常務理事の増田正人氏、安藤正志スポーツ健康学部長、法政大学校友会から会長の佐々木郁夫氏、法政大学後援会や法政大学後援会クラブ富山県支部役員の方々、さらに特別ゲストとして公開講演会講師の萩谷順氏を招き、総勢125名の参加の下、FMとやまのパーソナリティー等で活躍している田島悠紀子さん(H13文卒)の司会により始まった。
 
 はじめに、「Music Box ピュア燦ズ」による大正琴の演奏が披露され、「風の盆恋唄」などの名曲とともに、法政大学校歌が演奏され、参加者が校歌を口ずさんだ。主催者代表として富山県校友会の松井幹夫会長並びに後援会富山県支部の相川一支部長からの挨拶と増田常務理事からの祝辞に続き、本年春の褒章において藍綬褒章を受章された矢合政則氏(S41経営卒)に記念品が贈呈された。高野行雄県議会議長(S46社会卒)の挨拶、佐々木会長の主唱による乾杯の後、安藤学部長、萩谷教授、向井知子後援会副会長からスピーチをいただいた。
 
 和やかに始まった歓談の間には、この夏、富山県魚津市での合宿を終えたばかりの法政大学サッカー部の長山一也監督のスピーチ、今回初参加となる旦尾悠子さん(滑川高校教諭・H16文卒)や尾川知輝氏(富山テレビ放送・H30経営卒)など、六人の若手校友の自己紹介などがあり、世代や職種を越えて懇親が深められた。
 
 最後に西田政司事務局長(S58経営卒)のリードで参加者一同肩を組んで声高らかに校歌を斉唱した後、万歳三唱し、鈴木幹事長による若者の積極的な参加を呼びかけての閉会の言葉で盛会の内に幕を閉じた。
 
法政⼤学富⼭県校友会事務局⻑ 若松 潤

インフォメーション一覧へ

TOPへ