2018年11月17日(土) | お知らせ(事務局)|活動報告(地域支部)

第3回関西ブロック大会開催

 平成301117日(土)午後6時より総勢53人にて大阪駅前第一ビル12階「大阪神仙閣」にて開催しました。開会に先立ち佐藤忠篤兵庫県校友会幹事長(S35年法)の発声で「法政大学校友憲章」を全員で唱和し、樋口正蔵大阪府校友会会長(S37年法)のブロック長挨拶、兵庫県校友会鯛弘会長による主催者挨拶、続いてご来賓の校友会本部副会長田崎稔様より「校友会の現状と今後」と題してご講演を賜りました。今後の注意点として新卒者は5年経つと各パートナーへ入会する仕組みになっているが、各パートナーへ継続的会員となるかは課題との事です。若年会員とシニア会員の中間層会員のミニ集会活動次第で各パートナーの会員増加が決まると述べられました。
 懇親会は大阪府校友会山本博史副会長(S42年法)の乾杯の音頭により開会されました。総合司会者兵庫県校友会三上隆幹事(S53年営)の軽やかな案内により会は盛り上がり、とりわけ東京六大学野球部優勝、箱根駅伝参加など嬉しい話題に座は更に賑わい、関西ブロックの益々の発展と母校が掲げる自主性と多様性を守り実践的な価値を創造する目標に向かって邁進して行こうと会場は一体となりました。交流会司会の玉川裕基大阪府校友会幹事長(H16年法)の巧みな誘導により女性会員やSNSによって知った初参加会員も一気に和みの輪に引き込まれました。中締めは和歌山県校友会宇治田文彦会長(S35年経)が会員増強への意気込みを訴え母校と校友会関西ブロックの益々の繁栄を誓いました。千秋楽に際し「集合写真撮影」、兵庫県校友会大崎貞夫幹事(S40年経)の発声により全員の校歌斉唱を大阪御堂筋のイルミネーションと黄葉の夜空に響かせました。

(大阪府校友会副会長 須藤英雄)

 

インフォメーション一覧へ

TOPへ