2019年02月16日(土) | お知らせ(事務局)|活動報告(地域支部)

「六大学」幹部を招き、拡大版の新年会を開催
川越法友会(埼玉県)

 2019216()、埼玉県川越市の川越プリンスホテル7階・メヌエットルームにて、川越法友会の平成31年新年会が拡大版で開催されました。
 今回は初の企画として、川越にある早、慶、立、明といった、東大を除く東京六大学の各校友会川越支部から幹部の方々を来賓に迎え、総勢37人が参集しました。
 まず、川越法友会・金子正之会長による開会挨拶の後、同会・吉崎秀夫顧問の乾杯ご発声で宴が始まりました。
 
続いて、来賓の方々からご挨拶とユーモアたっぷりのエールをいただき、母校である法大と六大学への愛着が一層強くなりました(笑)。
 さらに、今回初めて参加した会員の方々から挨拶があり、新鮮な気持ちで拝聴するとともに、川越に根付くこの会が、今後ますます発展する予感がいたしました。
 また、校友会本部からは、同会メンバーでもある豊田信哉副会長が、出張先の京都から急遽駆けつけてくださり、法大が今年度も受験者数が東日本でトップになる勢いであることなど、最近の大学に関するよもやま話をいただきました。
 懇談の輪が広がる中で、あっという間の2時間。宴の締めは全員による肩を組んでの校歌斉唱と、同会・江口實副会長による閉会挨拶で、お開きとなりました。
 ご存知、埼玉県川越市は年間来客数700万人を超える、有数の観光地です。3月には池袋から川越特急が走り、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、ゴルフ競技が催されます。
 歴史と伝統、そして特に近年勢いがあり、注目されているという意味でも共通点がある法大と川越。
 卒業生の皆さま、そんな川越の地で仲間を増やしませんか。
 市内はもちろん、近接自治体にゆかりのある方の入会を、心よりお待ちしております。

(幹事長 藤田明義)
 

川越法友会 会長 金子正之


川越法友会 顧問 吉崎秀夫


法政大学校友会 副会長 豊田信哉

 

インフォメーション一覧へ

TOPへ