2015年07月07日(火) | 活動報告(地域支部)

滋賀県校友会設立5周年記念総会開催される

さる 5月24日(日)にホテル・ボストンプラザ草津で法政大学神谷健司常務理事、校友会本部樋口正蔵副会長をはじめ大阪府校友会や京都府校友会よりご来賓をお迎えし『滋賀県校友会設立5周年記念総会』を盛大に開催致しました。昨秋の新会員歓迎会に続き今回も初めてご出席の4名の会員が自己紹介で仲間入りされ、またお子様や奥様等ご家族連れでの会員もおられ大変楽しいひと時を過ごしました。
議事終了後 神谷常務理事より《法政大学の現状と2030年に向けての課題》と題して大変有意義で興味深いご講演を頂き皆で熱心に聞き入りました。
その後の懇親パーティーでは 今年度の滋賀弁護士会々長に就任された中原淳一弁護士の発声で乾杯し、前の講演も話題にしながらの賑やかな歓談となり最後に渡辺幹事の音頭で校歌斉唱、エール交換を行い盛会裏にお開きとなりました。
滋賀県校友会は今年の総会に合わせ懸案であった終身会員40名の登録も完了し今後共『県内校友の集う場』として益々充実した校友会に発展するよう取組んでまいります。
 
(幹事長 外池國夫記)

滋賀県校友会設立5周年記念総会

インフォメーション一覧へ

TOPへ